銀行系カードローンの1つのメリットに普段使っている銀行口座の転用が

一度に借りたい金額がかなりの高額となり、なおかつその返済について最低でも1ヶ月以上の長めの期間を設けたい、という強い欲求があるのなら、金利が高めに設定されているキャッシングよりもむしろ、カードローンを利用するメリットの方が大きくなるでしょう

カードローンのメリットはやはり低めに設定されている金利。確かに30日以内の無利息期間内に完全返済出来る自信があるなら、キャッシングの方が有利ではありますが、問題なのは高額の借入れでそれが保証出来ない場合。

キャッシングでリボ払いを選択する場合、その回数が増えるごとに金利の高さが圧し掛かってきますから、結果的にカードローンへの乗り換えが楽だった、という事になってしまいます。

始めから返済期間に余裕を持ちカードローンを組んだ方がプレッシャーも低く、楽に返済出来るのは間違いありません。

また銀行系カードローンであれば、普段から預貯金に利用している口座が、そのまま借入金の入金や返済に活用可能となりますから、利便性も全く損なわれません。コンビニATM等も利用可能なのですが、口座からの自動引き落としが楽に設定可能となれば、複数回の返済でも殆ど手間が掛からず、ストレスも全く感じない事でしょう。