大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンの比較

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、みずほ銀行カードローンなどの大手銀行のカードローンと楽天銀行スーパーローンなどのネット銀行のカードローンがありますが、どちらを利用すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンを比較していきましょう。

大手銀行のカードローンは申込方法によって即日融資に対応してくれる事があります。早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローンを利用するのがオススメです。またネット銀行のカードローンは申込方法がネットのみとなっています。それでパソコンやスマホで手続きを済ませたい人はネット銀行のカードローンを利用するのがオススメです。比較してみると早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローン、便利に手続きをしたい時はネット銀行のカードローンという結論になります。

地方銀行のカードローンは意外に種類が多いこともある

地方銀行のカードローンのなかには意外二も数種類のカードローンが存在しています。

地方銀行カードローンには、通常のフリーローンだけではなく金利面で通常のカードローンよりも優遇されているものや、

限度額や審査スピードによってカードローンの種類が変わってくるもの、特定の条件を満たすこと

(口座を使っていることや、他のローンを使っていることなど)によって利用が可能となるカードローンなど

実に多彩なカードローンの種類があったりします。

大手ではちょっと見つけられないような変わった特徴というのはあったりするわけですが、地方銀行にはなかなか面白味のある

カードローンがあったりしますので、もし自分が住んでいる地域で見かけたら、利用してみるといいでしょう。

銀行系カードローンの1つのメリットに普段使っている銀行口座の転用が

一度に借りたい金額がかなりの高額となり、なおかつその返済について最低でも1ヶ月以上の長めの期間を設けたい、という強い欲求があるのなら、金利が高めに設定されているキャッシングよりもむしろ、カードローンを利用するメリットの方が大きくなるでしょう

カードローンのメリットはやはり低めに設定されている金利。確かに30日以内の無利息期間内に完全返済出来る自信があるなら、キャッシングの方が有利ではありますが、問題なのは高額の借入れでそれが保証出来ない場合。

キャッシングでリボ払いを選択する場合、その回数が増えるごとに金利の高さが圧し掛かってきますから、結果的にカードローンへの乗り換えが楽だった、という事になってしまいます。

始めから返済期間に余裕を持ちカードローンを組んだ方がプレッシャーも低く、楽に返済出来るのは間違いありません。

また銀行系カードローンであれば、普段から預貯金に利用している口座が、そのまま借入金の入金や返済に活用可能となりますから、利便性も全く損なわれません。コンビニATM等も利用可能なのですが、口座からの自動引き落としが楽に設定可能となれば、複数回の返済でも殆ど手間が掛からず、ストレスも全く感じない事でしょう。