アルバイトでもキャッシングは可能な?

基本的にはアルバイトでも借り入れはすることが可能です。ただ特に法律で定められているわけではないのでそれぞれの消費金融の裁量に任せており、申し込む場所によってはアルバイトはそもそも借り入れをしていないところもあります。

アルバイトで借りる際の基礎知識として、正社員、アルバイトなどに限らず総量規制法という法律により原則年収の3分の1以上の借り入れは法律で禁止されております。これは借りすぎによる多重債務や返済が出来なくならないようにする為に定められた法律です。なのでアルバイトで年収100万円でしたら約33万くらいまでしか限度額はもらえません。

またアルバイトは安定した収入とはあまり言えないので、借り入れ限度が正社員よりも低く設定されることが多いのでその点留意し申し込みをしてみてください。

キャッシング審査は甘くないですよ

信販会社の審査って言っても過当競争で貸したい業者ばっかりだから審査は甘いよと言っている人がいますが、大間違いです。

どんな貸金業者でも回収のことを考えていない業者はいません。一般的に審査をしていないと言われている闇金であっても、取立ができると見込んでいるためお金を渡しているのです。そのため審査が厳しくない貸金業者はないと考えてもらったほうがいいです。

このような甘い考えをしている人に限って、支払期限に返済ができずブラックリストに載ってしまい闇金の餌食になったりするものです。

貸金業者は自身で審査マニュアルを作成しており、それに従って貸付金額を決めています。基本的には収入金額から家族構成等から見込んだ支出金額を差し引いた収支差額を返済余裕額と見込んで、そこから逆算して貸付限度額を算定しています。ただし、他の無担保融資がある場合は当然貸付限度額から差し引きますし、貸金業法の総量規制の枠内に収まるように限度額は設定します。

当然過去のキャッシングやクレジットカードの限度額は個人信用情報機関からのデータでチェックしますから、金融事故があれば審査終了となってしまいます。

こうして決定されたキャッシング限度額ですから、有効活用したものです。