アルバイトでもキャッシングは可能な?

基本的にはアルバイトでも借り入れはすることが可能です。ただ特に法律で定められているわけではないのでそれぞれの消費金融の裁量に任せており、申し込む場所によってはアルバイトはそもそも借り入れをしていないところもあります。

アルバイトで借りる際の基礎知識として、正社員、アルバイトなどに限らず総量規制法という法律により原則年収の3分の1以上の借り入れは法律で禁止されております。これは借りすぎによる多重債務や返済が出来なくならないようにする為に定められた法律です。なのでアルバイトで年収100万円でしたら約33万くらいまでしか限度額はもらえません。

またアルバイトは安定した収入とはあまり言えないので、借り入れ限度が正社員よりも低く設定されることが多いのでその点留意し申し込みをしてみてください。

キャッシングの申込み方法を工夫して迅速に使えるようにするには

キャッシングを利用したい場合、申込み方法を工夫する事で迅速にサービスを使えるようになります。キャッシングの申込み方法としては、電話や店舗、自動契約機やインターネットなどといったものがあり、ユーザーの都合に合わせて選べるようになっています。即日で審査結果を出してもらって、契約をし、融資を受けられるようにしたいのであれば、インターネットを使った申込み方法であるWeb申込みを使うのが早いでしょう。

Web申込みは、スマートフォンからでも申込みが出来る方法です。本人確認書類を消費者金融会社の審査センターに送る際に、その書類の写真を撮影しておかなければいけません。スマートフォンの場合、カメラ機能が搭載されていますので、直ぐに本人確認書類の写真を撮影して送る事が出来て便利です。

大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンの比較

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、みずほ銀行カードローンなどの大手銀行のカードローンと楽天銀行スーパーローンなどのネット銀行のカードローンがありますが、どちらを利用すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで大手銀行のカードローンとネット銀行のカードローンを比較していきましょう。

大手銀行のカードローンは申込方法によって即日融資に対応してくれる事があります。早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローンを利用するのがオススメです。またネット銀行のカードローンは申込方法がネットのみとなっています。それでパソコンやスマホで手続きを済ませたい人はネット銀行のカードローンを利用するのがオススメです。比較してみると早くお金を借りたい時は大手銀行のカードローン、便利に手続きをしたい時はネット銀行のカードローンという結論になります。

働き方に左右されない消費者金融のキャッシング

どこからかお金を借りようというときに社員として働いていない人の場合、審査に通らないケースがしばしば見受けられます。たとえきちんとした収入が毎月あったとしても、その人の雇用のスタイル次第では審査に落とされてしまうこともよくあるのです。

その点、消費者金融のキャッシングでは月々の収入が安定しており、その収入が継続的なものであれば雇用のスタイルはどのようなものであっても審査の結果に影響を与えることはありません。アルバイトやパート、派遣社員として働いている人であっても消費者金融ならば審査に落とされてしまうようなことはないのです。アルバイトなどの非正規雇用の人で、これからお金を借りたいという人は消費者金融のキャッシングに申し込んでみましょう。

地方銀行のカードローンは意外に種類が多いこともある

地方銀行のカードローンのなかには意外二も数種類のカードローンが存在しています。

地方銀行カードローンには、通常のフリーローンだけではなく金利面で通常のカードローンよりも優遇されているものや、

限度額や審査スピードによってカードローンの種類が変わってくるもの、特定の条件を満たすこと

(口座を使っていることや、他のローンを使っていることなど)によって利用が可能となるカードローンなど

実に多彩なカードローンの種類があったりします。

大手ではちょっと見つけられないような変わった特徴というのはあったりするわけですが、地方銀行にはなかなか面白味のある

カードローンがあったりしますので、もし自分が住んでいる地域で見かけたら、利用してみるといいでしょう。

銀行系カードローンの1つのメリットに普段使っている銀行口座の転用が

一度に借りたい金額がかなりの高額となり、なおかつその返済について最低でも1ヶ月以上の長めの期間を設けたい、という強い欲求があるのなら、金利が高めに設定されているキャッシングよりもむしろ、カードローンを利用するメリットの方が大きくなるでしょう

カードローンのメリットはやはり低めに設定されている金利。確かに30日以内の無利息期間内に完全返済出来る自信があるなら、キャッシングの方が有利ではありますが、問題なのは高額の借入れでそれが保証出来ない場合。

キャッシングでリボ払いを選択する場合、その回数が増えるごとに金利の高さが圧し掛かってきますから、結果的にカードローンへの乗り換えが楽だった、という事になってしまいます。

始めから返済期間に余裕を持ちカードローンを組んだ方がプレッシャーも低く、楽に返済出来るのは間違いありません。

また銀行系カードローンであれば、普段から預貯金に利用している口座が、そのまま借入金の入金や返済に活用可能となりますから、利便性も全く損なわれません。コンビニATM等も利用可能なのですが、口座からの自動引き落としが楽に設定可能となれば、複数回の返済でも殆ど手間が掛からず、ストレスも全く感じない事でしょう。

キャッシングは利息計算してから借りる

計画的にキャッシングを利用するには、利息計算をしておく必要があります。一部ローンは30日間の無利息を用意していますが、その後は有利息となりますから、借入総額・返済期間に応じた利息計算をしてください。審査に通過しやすいローンは全般的に金利が高めですが、利息は借り方によって決まる部分のほうが大きいです。

少額借入・短期返済をモットーにすれば、月に数百円の利息に抑えることは十分に可能です。少額を借りて数日で完済すれば数十円で済む場合もあるでしょう。いつまでに完済するか決めておいて、そこから具体的な利息計算をしていくのもよいです。

キャッシングの返済期間は無理をせずに設定するために、余裕を持った金額にしましょう。無理をすれば返済できる金額ではなく、確実に返済できる金額にするのがコツです。無理は継続できませんし、もし延滞すれば遅延損害金が発生します。

コツコツと計画的に返済したほうが安全ですし、結果的に利息を抑えることができます。キャッシングはもともと長期借入用のローンではないので、単発向けローンとして活用するのがおすすめです。理想は1ヵ月以内の完済、最長でも3ヵ月以内と考えておけば、返済能力を超えない計画的な利用ができるはずです。

キャッシング審査は甘くないですよ

信販会社の審査って言っても過当競争で貸したい業者ばっかりだから審査は甘いよと言っている人がいますが、大間違いです。

どんな貸金業者でも回収のことを考えていない業者はいません。一般的に審査をしていないと言われている闇金であっても、取立ができると見込んでいるためお金を渡しているのです。そのため審査が厳しくない貸金業者はないと考えてもらったほうがいいです。

このような甘い考えをしている人に限って、支払期限に返済ができずブラックリストに載ってしまい闇金の餌食になったりするものです。

貸金業者は自身で審査マニュアルを作成しており、それに従って貸付金額を決めています。基本的には収入金額から家族構成等から見込んだ支出金額を差し引いた収支差額を返済余裕額と見込んで、そこから逆算して貸付限度額を算定しています。ただし、他の無担保融資がある場合は当然貸付限度額から差し引きますし、貸金業法の総量規制の枠内に収まるように限度額は設定します。

当然過去のキャッシングやクレジットカードの限度額は個人信用情報機関からのデータでチェックしますから、金融事故があれば審査終了となってしまいます。

こうして決定されたキャッシング限度額ですから、有効活用したものです。

キャッシングの利息に関する知識

キャッシングでお金を借りますと当然、金利を支払うことになります。

これはつまり借りたお金に金利を乗じて、12分の1にしますと月の利息が出ることになります。月単位ではなく、日割りということもありますが、とにかくこれを支払いつつ、元本を減らすようにしていくのが基本になります。

実はそこそこの業者で無利息期間というのを設けていたりします。つまりは、特定の条件で借りるようにすると一定期間は利息なしで貸してくれるということです。こうしたサービスがあるところはまずお得ではありますから、積極的に利用したいところです。

利息ですが当然、できるだけ少なくしたいと考えることでしょう。一つは金利が低いところから借りるということがありますが、もっと根本的なのが早めに返すことです。返すのが遅くなればそれだけ利息は嵩んでいくことになりますから、早めに返すことを意識していますと結果的に金利が高目であろうとも利息が額面的には少なくて済むということになります。

もちろん、その上で借りる段階で金利が低めのところにする、ということができれば最高ではありますがそれが出来ない場合は早め返すことをしっかりと意識しておいて返済計画を立てるとよいでしょう。

キャッシングの心配事を解決するには、「無利息」キャンペーン中のカードローンを選ぼう

「カードローン」を使ってみたいけれど尻込みしてしまう人の、大きな悩みの種は「返済」です。思った以上の利息がつき、毎月の返済が追いつかなくなるのではないか…と不安になってしまいます。そこで、カードローンでは切っても切れない関係になっている「利息」について確認してみましょう。

●利息とは…?

利息とは、お金を借りたときキャッシングサービスに対して支払うレンタル料です。

利息は、一般的なキャッシングやカードローンサービスに表示されている金利をもとに計算されます。

●利息の計算方法

利息は一般的に日割り計算で算出されます。計算式は次の通りです。

利息 =( 借入額 × 金利 )÷ 365 × 借入日数

計算式から分かる通り、借入日数が延びるにつれて、利息も上がってしまいます。そのためカードローンを利用すると、利息が増えて返済できないような不安を感じてしまうんですね。

●カードローンには無利息のものが多い

しかし、カードローンの中には条件次第でありますが、一定期間利息のかからない無利息でお金を借りられるサービスもあります。少額なら180日間利息がかからず借り入れられるカードローン会社もあれば、初めての利用であれば30日間利息ゼロのサービスもあります。

期間限定で利息のかからないカードローンを利用して、カードローンの返済に対する不安を解消しましょう

カードローンの無利息がもたらすメリット

カードローン各社は金利の安さや限度額の高さなど、さまざまな特色を打ち出して顧客の拡大に努めています。そのなかでも特徴的なものが無利息サービスです。カードローン会社の利益は利用者が支払う金利のみなのですが、それをゼロにしてしまおうというサービスです。

利息ゼロでキャッシングを利用できる

カードローンの無利息サービスは金利がゼロでお金を借りられるというもの。ただし、一定の条件付きです。基本的に初回利用から30日間のみ無利息が適用され、その期間を過ぎたあとは通常通りの利息が発生する仕組みになっています。30日以内の短期利用であれば、利息を一切支払うことなくお金を借りることができます。利用限度額の範囲なら借りられる金額に制限もありません。すぐに一括返済をしてしまえるあてがあるならば、無利息サービスを100%活用できるといえます。

実質的な金利が下がる

もっと長い期間をかけて返済をしたいという方にとっても、無利息サービスはメリットがあります。1年かけて返済する場合、金利を支払う必要があるのは11ヶ月分のみです。18%の金利で契約して1年で返済を完了すると仮定すると実質金利は16.5%。実際には残高スライド方式によって利率は微妙に違ってきますが、他社よりも安い金利で利用できるのは間違いありません。無利息サービスは実質金利を引き下げてくれる効果があるのです。

お金を借りるならカードローン 無利息期間のサービスがお得

一部のカードローン 無利息期間サービスを提供しているものがあります。
この無利息期間のサービスはまずは新規顧客を獲得する目的で提供しています。

初回限定で無利息で提供するのが一般的で、次回から通常通りご利用して貰えば顧客がお支払する利息分から利益を上げることが出来ます。
無利息期間は30日間が多く、中には30日間と5万円まで180日間無利息と2種類で提供しているカードローンが見られます。

初回限定で30日間ではありますが、無利息期間内で完済すれば無利息でお金を借りることが可能なのです。
無利息でお金を借りた後、次回お金が足りなくなった際は別の無利息期間を提供しているカードローンにお申し込みすれば次回からも無利息でお金を借りることは可能です。

しかし一部のカードローンなのでそう何度もご利用できる裏技では無いです。
1か月に3社以上おお申し込みすると信用情報に申し込みブラックと記録されてしまい、カードローンの審査に受からなくなります。

中には1週間なら何度でも無利息のサービスを提供しているキャッシングがありますので、何度もお金を借りるかもしれない方はそのキャッシングにお申し込みされると良いでしょう。
その代わりに銀行のカードローンと比べると通常の金利が高めに設定されています。